1.この大学へのご質問
2.この大学に留学する


長春大学

現地調査日:2008/06/03
最終更新日:2008/06/03



6.コメント

以下、06/09/11執筆
●長春は中国東北部で哈尓濱と並んで標準語の発音がキレイといわれる地域。町は非常に大きく、交通網もバスが発達している。

●春大学は長春理工大学の隣に位置する。理工大が多くの留学生を抱えるのに比べ、長春大の留学生部はこじんまりとまとまっている。06年秋学期の留学生はわずか25人(06年09月11日現在)で、日本人は1人もいない。その割りにクラスを5段階に分け、1クラス約5人という恵まれた環境を実現させている。

●日本語対応ができず、寮の設備も充実しているとはいえないが、キレイな標準語圏で、ハルピンより都会、なおかつ少人数であることを求める留学希望者には条件を満たしている。

●また、報名費、授業料ともに米ドル支払ができる点もメリット。

●なお、長春市内の他の大学同様に、この大学もキャンパスが分散しているので訪問する際は注意が必要。長春駅前からバスに乗って、長春大学バス停で降りるとストレートだが、中国語が分からずバスに乗るのが不安という場合は、長春駅を出て右手から路面電車に乗り、終点で降り、進行方向にそのまま歩いていけば、10分ほどでたどり着く。

以下、08/06/03加筆
●留学生数は依然として少なく、日本人も在籍していない。原則として5クラス体制を維持する方針であるため、1クラス人数も非常に少なく抑えられている。

●寮の設備がかなり古くなってきたため、今年6月から改修工事を始める。9月からの新学期までに工事が完了するかは未定。完了しなかった場合、大学側が別に宿泊先を手配する。


1.この大学へのご質問
2.この大学に留学する
3.友達に教える♪

9.この大学のTOPに戻る
0.吉林省に戻る
*.大学情報を見るに戻る
#.TOPに戻る


(C)「中国留学情報」


AX